私が薦める週間少年ジャンプからアニメ化された中で是非見て欲しいアニメ!!を紹介します。

ジャンプ三原則の友情努力勝利が熱く描かれたアニメから、それとはまた少し異なり一線を画したアニメまでご紹介します!!

※当ブログは著作権並びにコンプライアンスを遵守するために画像の転載や盗用を行わずに画像をアフィリエイトのリンクで表示しており、ややイメージしずらくなっておりまた、商用目的ではないことをご理解頂ければと思っております!!

スポンサーリンク


第6位 黒子のバスケ

  • コミック 2009年~(全30巻)
  • アニメ 3クール合わせて全75話

1期 2012年春アニメ(4月 – 9月)

2期 2013年秋アニメ(10月 – 2014年3月)

3期 2015年冬アニメ(1月 – 6月)

漫画を読むなら絶対スラムダンクの方が面白い!!だけどアニメを観るなら黒子のバスケと私は思います。

初めて黒バスをみた時は、バスケット漫画は基本キャプテン翼やドカベンみたいに必殺技を使わないものしかなく、スラムダンクというバスケット漫画のイメージからやや批判的に観てましたが登場人物の個性や終わり方も人気があるうちに最終回を迎えたのでグダグダしてなく良かった。

ちょっとアニメ女子を意識した雰囲気もあり全部で75話とやや長編となっていますが人間的成長や努力という部分もしっかりと描かれているのます!

黒子のバスケのここがいい!!

  • 登場人物がイケメン
  • スラムダンクとは違った尖ったキャラクター&実際にはありえないような必殺技の応酬
  • カッコいいセリフ多数
  • バッシュの音や演出が細かく出来ている

第5位 僕のヒーローアカデミア


コミック

  • 2014年~現在連載中

アニメ

  • 1期 2016年春アニメ(4月~6月)
  • 2期 2017年春アニメ(4月~6月)

ワンピースと並ぶ現在の二大看板とまで言われていてジャンプの王道らしい作品!!

アメコミと日本の漫画をミックスさせたような作品で、個性(超常能力)も持っていなかった少年が一人のヒーローと出会ったことで運命が変わりヒーローを目指すべくヒーローの学校に入りヒーローを目指して行く。

ストーリーも割とわかり易く『ヒーローが悪を倒すっ!!』という単純な構図です。

僕のヒーローアカデミアのここがいい!!

  • 友情・努力・勝利とジャンプの王道らしさが色濃く描かれている
  • ストーリーの多くはバトル(戦い)がメイン
  • キャラクター一人一人の個性がきちんと描かれている
  • アメコミ風な斬新な作画

第4位 ジョジョの奇妙な冒険(3部・4部)

コミック

  • 1986年~2004年(少年ジャンプ)、2005年~現在連載中(ウルトラジャンプ)

アニメ 3期48話、4期39話

  • 3期 2014年4月~9月、2015年1月~6月(2クール全48話)
  • 4期 2016年4月~6月、9月~12月(2クール全39話)

ジョジョが連載されていた時代、少年、少女の多くは絵が汚いという理由でジョジョを読み飛ばしていた方も多かっただろう…。

私もその一人です。

でも実は絵が汚いのではなく何かこう見づらく、ストーリーも長期連載漫画だったので子供には入りずらく難しかったのかなーとか思います。

ジョジョのアニメ化作品はストーリーも作画もしっかりまとまってよくできているなーという印象で、原作をしっかり再現してジョジョ愛がちゃんと伝わってくるアニメになっているのではないでしょうか。

筆者1期未読なので…評価がないですが近日視聴しようかと思います。

ジョジョの奇妙な冒険の見どころ!!

  • 多彩なスタンド使いとのバトル
  • 敵とスタンドの相性のある駆け引き
  • ラストシーン(3部、4部共に)
  • 見やすく安定した作画

第3位 デスノート

コミック 全12巻

  • 2003年12月~2006年5月

アニメ 全37話

  • 2006年10月~20007年6月

ジャンプの王道から間逆の作品で主人公の迷わず人を殺すダークヒーローアニメ&頭脳戦が実に素晴らしい!!

漫画→アニメ→実写映画化とここまで成功した漫画はデスノートが一番だと思います。

何を隠そうこの主人公は間接的に大量の人を殺めるのですが、主人公がたくさんの人を殺すアニメは私はコードギアスルルーシュ以外は知らないw

ストーリーもグイグイ引き込まれていきますので特に前半部分のLとの戦いはかなり見どころがあります。

デスノートのここが見どころ

  • 手に汗をにぎる心理戦&頭脳戦い
  • 主人公がなんの躊躇もなくたくさんの人をノートに書き込み殺していくところ
  • 最終話ラストシーン(実に人間らしい描かれ方をしている)
  • 実は作者はラッキーマンの作者だっ

スポンサーリンク


第2位 ハイキュー!!(1期~3期)


コミック

  • 2012年~現在連載中

アニメ

  • 1期 ハイキュー!!(2クール25話)2014年4月~9月
  • 2期 ハイキュー!! セカンドシーズン(2クール25話)2015年10月~2016年3月
  • 3期 ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(全10話)2016年10月~2016年12月

排球=バレーボールを題材としたた作品でアニメが原作が超えた!!っと思えます。

原作も大変面白いのですがアニメ化されたハイキューはもっと面白く感じられ、気合の入った作画から演出まで原作をしっかりと再現されている所も凄く良いです。

スポ魂の王道って雰囲気があるアニメでバレーというサッカーや野球に比べてややスポーツ人口の少ない球技で細かいルールがわからなくても楽しめるようになっています!!

ハイキュー!!見どころ

  • 気合の入った、鳥肌の立つような作画
  • 王道スポ根
  • 原作より熱いものがこみ上げるストーリー

第1位 暗殺教室(1期、2期)

コミック(全21巻)

  • 20112年~2016年

アニメ

  • 1期 2015年冬アニメ(2クール22話)
  • 2期 2016年冬アニメ(2クール25話)

タイトル名だけ聞くと結構シリアスな展開を想像してしまいますがこの『暗殺教室』は中学校が舞台で珍妙な謎の生物を殺すことがこの物語のゴールなのですが、ギャグ要素や思春期の中学生の誰もがもっている自身のコンプレックスとの葛藤や人間的な成長を描いたアニメで人が殺しあうアニメではありません。

『暗殺教室』も原作に負けないくらいしっかりと作りこまれていて、原作が人気のあるうちに間延びさせないようにキッチリと最終回で締めくくられているのが凄くすばらしいですね。

この作品は1話目ででてくる『生徒が一斉に先生に銃を突きつけるシーン』からこの暗殺教室の構想が始まったと言われています。

暗殺教室見どころ

  • 1話目の『生徒が一斉に先生に銃を突きつけるシーン』
  • 殺せんせーの動きや表情(かわいい)
  • ラストシーン

まだまだあるおすすめのアニメ化作品

アイシールド21

  • コミック 2002年~(全33巻)
  • アニメ 2005年~(全145話)

アメフトを題材したアニメでアメフトの私自身も詳しいルールがわかりませんでしたが、スポ根ジャンプの王道らしさが伝わってきます。

昔の基本長編アニメは原作の合間のために間延びさせたり、面白くもないアニメオリジナルを入れられたりしてグダグダになってしまうことも多いのですが古めの作品の割にはそういったマイナス要素が比較的少ないのもよい点だと感じました。

個人的にはもう少し展開が速くてもいいかなーと感じるときはありましたがよくまとまっていると思います。

尚、アニメはクリスマスボールの準決勝で終わるやや中途半端な終わり方になっています。。

HUNTER×HUNTER

  • コミック 1988年~現在休載中(現在33巻)
  • アニメ 1999年~ 2011年~(全148話)

『富樫働けっ』よいう言葉も聞いたことのある方もいるかもしれませんが、ジャンプで絶賛休載中のHUNTER×HUNTERのアニメ版。

余計なアニメオリジナルも入っていないのですが個人的にはハンターハンターはアニメより原作の方がいいのかなーと感じました。

まとめ

ワンピースやNARUTOなどの長期連載作品は原作もグダグダでアニメも更にグダグダ+アニメオリジナルが入っていて個人的にはあまり好きになれませんでした。

こういった作品は漫画で読む方が個人的には向いている気がします。

好きな話(自分の場合はNARUTOでシカマルの暁の飛段・角都編やワンピースならインペルダウン編)などをピンポイントで観るのは良いのですがアニメを全話観るのはあまりおススメできないかなーとおもいます。

スポンサーリンク