アニメイトや秋葉原には一度も行ったことなく、薄い本、フィギア、ラノベ、漫画を自宅に一切ない自称にわかアニメ好きが毎回ほとんどの新作アニメを見た感想。

今期2015年夏アニメおすすめ最新版にして最終版の感想と評価をランキング形式でまとめました。

また、今回は2015夏アニメで最終回を迎えたもの(2クールでやっているも2015春アニメ)も含まれての感想とランキングの紹介です。

こちらは基本ネタばれなしなので五案視ください。

↓↓2015年の夏アニメの前半の評価はこちら↓↓

2015夏おすすめアニメランキング

第5位 今期1番の日常系 のんのんびよりりぴーと

前半の評価 1位(-4↓)

田舎暮らしにあこがれ ★★★★★
初心者向け ★★★
恋愛要素
日常系 ★★★★★

あらすじ

春、ピカピカのランドセルを貰った宮内れんげは、入学式前日に小学校へ通う練習に出かける。

そこへ越谷小鞠・夏海姉妹がやってきて一緒にバスで移動することに。

ところが学校に着くと「明日のお楽しみ」と、教室に入る事を禁じられてしまう。

これから毎日通う事になる学校を一人探検するれんげだったが…。

ちょっぴりの不安がありつつも、期待に胸を膨らます少女たち。まったりゆるゆるな田舎スクールライフが再びはじまる!

引用 あにこれb

今期2015年夏アニメの日常系アニメナンバーワン

話の面白さに安定感があり毎回楽しめる。

下ネタもなく良い感じの仕上がりでしたが、あんまり絵の動きを気にしないのですが、途中絵がやたら動かなくて見ていてかなり気になってしまった。

1話目に見たとき作画すげーって思ったけど最後まで見たらすごいとは思えませんでした。

2015夏アニメの前半での評価は1位から下がった理由としては、安定して面白くそれが継続しただけで他のアニメが面白かったのでそのまま順位が落ちてしまった。

後は1期のんのんびより面白さが半端ななく印象的で、さすがに日常系の2期目となると個人的にはそれを超えるのを期待すのがファンなので・・・。

サザエさんは安定して面白いけど一番にはなれないって感じですかね。

根強いファンもいるので大手のあにこれbさんの口コミランキングでは1位ですが、個人的には納得のいかない感じ。

面白いが今期1番ではないというのが私の見解です。

第5位 2015夏のラブコメナンバーワン WORKING!!!(ワーキング) 3期

前半の評価 3位(-2↓)

初心者向け ★★★★
恋愛要素 ★★★★
日常系 ★★★★
伊波ちゃんが可愛い ★★★★★

あらすじ

舞台は北海道のファミレスが舞台の日常系。

ロリコンで可愛いものが好きな変わった性癖を持つ主人公が中心に刀をいつも腰に所持している女、男性が近づくと殴りたくてウズウズしている一応男性恐怖症ヒロインの女。

家出少女、やる気がなくて仕事をしない店長など、かなり癖のあるキャラクターがファミレスを舞台に恋愛やら日常系で色々やらかす。

また、主人公の家族も一癖も二癖もあり主人公を悩ませる。

とにかくまともな日常ではなく、主人公は一生懸命高校ライフを充実させようと奮闘する。

1期から見ると日常系からラブコメ要素の強くなっていっている。

日常系からラブコメ系に進化!?したアニメ。

2期に比べて面白くなり、よい感じに仕上がった印象。

ランキングをつける際にのんのんびよりりぴーとワーキング3期は個人的には甲乙付けがたい感じがしたので5位は二つにしました。

2期にも増してラブコメ要素がかなり強くなったのが印象的でした。

個人的には期待以上の出来仕上がってくれました。

まぁ2期があまりに期待外れだったからというのもありますけど・・・。

のんのんびよりと同じで安定感はあった印象。

第4位 新規参入を寄せ付けない デュラララ!!×2 転

前半の評価 4位(±0)

初心者向け
恋愛要素 ★★
日常系
伏線張り過ぎ ★★★★★

あらすじ

東京・池袋を舞台にした非現実アニメ。

高校生、オカルト、カラーギャングを中心とした物語。

都会で都市伝説と噂される「首なしライダー」を目撃する。

そこで思いもしない数々の非日常に巻き込まれてゆくと同時に、「首なしライダー」を含む様々な人物が事件に関わっていくことになる。

起、承、転、結と4部に分けて作られた3部作目の転。

引用 wikipedia

新規参入で見る方を置いていく気満々で進むストーリー。

デュラララ!!を最初から観ないと???という感じのアニメですが、音楽や作画はかなりしっかりしているのも人気の秘密。

かなり話の店舗もかなり早く、見ごたえは十分あります。

最後のデュラララ!!×2 結に向けて伏線が減るどころか増えていく一方。

原作未読ということもあるのですが続きが気になってわくわくします。

みるなら是非1期から見て欲しいと心から思う作品。

第3位 低評価なのが気になる アルスラーン戦記

前半の評価 ランク外

初心者向け ★★★
展開が速い ★★★★
迫力満点 ★★★★
5話からが面白い ★★★★★

あらすじ

『銀河英雄伝説』と並び賞される田中芳樹原作の未完のファンタジー大作。

大陸に精強な兵と華麗なる文化を謳われるパルス王国。

西方の蛮族、ルシタニアの侵攻に対しても、その勝利を疑う者はなかった。しかし、味方の裏切りにより罠にかけられたパルス軍は一日にして壊滅。王国は滅亡する。

単騎生き残った王太子アルスラーンは、王国最強の騎士ダリューンに救われ、わずかな味方とともに故国の奪還をめざす旅にでる。

だが…。

ひとりの少年が、志を共にした仲間たちと成長していく姿をドラマティックに描く「アルスラーン戦記」人々を魅了し続けてやまない最高峰の物語が、アニメーションで新たに躍動する。

引用 あにこれb

2015年春アニメからの2クール作品。

大手のあにこれbさんやその他口コミを見る限り結構な低評価作品になっています。

しかし、個人的にはかなり面白い作品に仕上がっているのに・・・。

作画もしっかりしていて戦闘シーンや馬の動きも悪くないし結構お金かかっている(しっかりとしている)印象もあるが、たまに作画の荒さはきになる感じもしなくもない。

GYAOですぐに観れるし、鋼の錬金術師や銀の匙 Silver Spoonの原作者の荒川弘さんが手掛けていて見ごたえ十分なのですがね。

しっかりと観ないと話に付いていけない(ながら見厳禁)なのも評価が悪かった原因なのかな・・・。

前半は低調なので前半5話くらいから急激に面白くなるのでしっかりと観て欲しい作品です。

第2位 2015夏アニメで一番驚きの展開 六花の勇者

前半の評価 第5位(+3) 

初心者向け ★★★
ミステリー ★★★★
主人公は自称史上最強 ★★★★★
5話からが面白い ★★★★★

あらすじ

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。

地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。

だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。

その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。

七人のうち誰かひとりが敵であることに気づいた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。

そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットで―。

伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、堂々始動。

引用 あにこれb

2015年夏アニメで一番良い意味で一番期待を裏切ってくれたのがこの六花の勇者です。

まず、自分が一番驚いたのは魔人を倒しにいくアニメだと勘違いしていたことです。

尺や進行上仕方ないのですが、6人の勇者が集まるまでが話が長く本当の話(偽者の勇者を見つける)ことがこの話の主なのですが、そこに行き着く前でやや展開的に低調なのが残念な所ですが、そこから先はミステリーファンタジーという新しいジャンルで楽しませてくれました。

他の口コミやレビューを見る限りだと7人の勇者が集まる前に視聴を止めた方が結構多いのが残念で仕方ないです。

何度も言うようですがこのアニメは魔人復活を阻止するために敵と他の勇者と協力して戦うのが主ではなく、7人目の勇者を見つけること、つまり、嘘付きを見つけることがこの話の目的となっています。

前半さえ乗り越えればかなりの良作品、もしかしたら3話目くらいから見ても楽しめるイメージ。

同じ2015年夏アニメの「乱歩奇譚 Game of Laplace」なんかよりずっとミステリアスでドキドキした展開をしている。

第1位 今期1番の笑えて面白いアニメ 干物妹!うまるちゃん

前半の評価 ランク外

初心者向け ★★★
こんな妹が欲しい ★★★★
ラブコメ要素 ★★
ギャグアニメ ★★★★★
あらすじ

容姿端麗!文武両道!誰もが羨む「美妹」(びもうと)のうまるちゃんだが、家に帰ると頭身が二頭身キャラになり、「美妹」からグータラな生活を好む「干物妹(ひもうと)」とに変わる。

干物妹状態の時はこまると名乗り、ゲーム大好き、お菓子(ポテトチップス)とコーラをこよなく愛する。

もう一人の主人公タイヘイは妹思いの良いお兄さんだが、妹のわがままにいつも振り回される可愛そうな役回り。

男にしてメインヒロイン的な存在。

私の中で2015年夏おすすめアニメナンバーワンは「干妹(ひもうと)うまるちゃん」これを観ずには2015夏アニメは語れないと思います。

最初は全くのノーマークで1話目見たら直ぐに嵌りました。

キャラ可愛いし、ギャグ要素良し、テンポ良しと三拍子揃っています。

学校や職場で外顔をしている自分と家に居る本当の自分って誰でも違うと思うんですけど、このアニメそれをめっちゃ大げさに、そして、ギャグ要素を120%入れているアニメです。

出身はヤングジャンプから出ている漫画で、ややページ数が少なく短編的な位置づけなのでしょう。

雰囲気としては月刊少女野崎君のようなテンポの良さと笑いが込み上げてきます。

ヒロインのうまるちゃんを始め、その他出てくる女性キャラも一人一人個性があり、勿論可愛いので萌え要素もあります。

面白いと評価が高いが納得のいかないアニメ

監獄学園  プリズン スクール

今期結構評価も高く、口コミやレビューなどを見ても結構高評価されているプリズンスクールですが、個人的には納得がいきません。

花澤香菜や神谷浩史など声優も豪華で監督もSHIROBAKOを監督した水島努監督がやっていて、テンポも良く作品も原作に結構忠実に作られているのですが、下ネタが多いし、テラフォーマーズに負けないくらいの黒塗り自主規制の連発と言い、一昔前の深夜アニメの代表格という感じがしてなりません。

ヤングマガジン出身の漫画で私は原作を一応読んでいたのもあるせいか、観ていてどうにも好きになれませんでした。(原作自体もあまり好きではなかった)

レビューなどを見るとくだらなくて笑えるというコメントが多く見られたが、笑える要素だけならうまるちゃんのほうが絶対に面白いと思います。(好みの差があると思うが)

失速したアニメ

Charlotte (シャーロット)

こちらのアニメは前半の期待度はかなり高評価を受けて注目さてれていましたが、後半からの展開で評価を落とした感がある作品。

個人的にも2015年夏アニメで一番面白いアニメになるかと予想していたのですが、後半のアニメの変貌ぷりにより結構残念なアニメ成り下がってしまったと思う。

ヒロインの女の子が可愛いだけにやや残念に思います。

オリジナルアニメ悪いところが出た感じがします。

俺物語

正確には2015年春アニメなのですが、前半5話目くらいまではかなり面白いと思ったのですが、後半のワンパターンな展開、先の読めるグダグダな感じがしてなりませんでした。

なぜか2クールやっていたのですが結構引き伸ばしていた感が強く、1クールでうまくまとめてくれたもっと良い話になっていたと感じました。

キャラ設定はすごい良いし、プラトニックラブって感じで途中まではすごくいい感じだったので残念。

2015年夏アニメの感想とまとめ

2015年夏アニメは失速したものと、後半からかなり面白くなったアニメが多く感じました。

低調と感じた部分はありますが全体的にはまぁまぁ観れるアニメは結構あったと感じます。

私がアニメ観るときはアニメは先入観から入らないでとりあえず何でも観ていくスタイルを取って、また、2chやレビュー、口コミなどを見て面白そうなら見る感じで今回も約30作品は観ました。(途中断念多数あり)

最近、ドラマも観るのですが演技やキャストの年齢などの設定が気になりアニメ慣れしているせいかイマイチ楽しめません・・・。

やっぱり私はアニメが好きです。

↓↓2015年の夏アニメの前半の評価はこちら↓↓